イッサ・ディオプ
イッサ・ディオプ【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグのトッテナムが、ウェストハムに所属する22歳DFイッサ・ディオプに関心を示しているようだ。英メディア『スカイスポーツ』が現地時間の21日に報じた。

 トッテナムはヤン・フェルトンゲンとトビー・アルデルワイレルドの後釜候補を模索していて、ディオプをリストアップしたようだ。だが、ウェストハム側もディオプをそう簡単に手放したくはなく、ディオプの移籍金を5000万ポンド(約71億円)以上と考えているという。

 ディオプはフランスのトゥールーズのユースから2015年にトップチームに昇格。その後、2018年にクラブ史上最高額となる移籍金2200万ポンド(約31億円)でウェストハムに移籍となった。今季は公式戦16試合に出場している。

 果たして、トッテナムはベルギー代表CBコンビの後釜候補を獲得することができるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top