レアルに敗れたセビージャはVARに怒り。「理解できない」と指揮官、SDは「チームを引き上げさせたかも」

2020年01月19日(Sun)8時39分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

フレン・ロペテギ
フレン・ロペテギ監督【写真:Getty Images】

 リーガエスパニョーラ第20節のレアル・マドリー対セビージャは、2-1でホームのレアル・マドリーが勝利を収めた。セビージャを率いるフレン・ロペテギ監督はこの敗戦に苛立っている様子。特に主審のジャッジには納得がいっていない。試合後の指揮官のコメントをスペイン『スポルト』などが伝えた。

 セビージャは0-0で迎えた29分、CKにルーク・デ・ヨングがヘディングで合わせてゴールネットを揺らした。しかし、これは直前にファウルがあったとして、VARで認められず。指揮官は「理解できない」と不満を口にした。

 問題のシーンは、デ・ヨングがフリーになった際の出来事。ファーサイドに走るデ・ヨングにはレアル・マドリーのエデル・ミリトンがついていたが、ネマニャ・グデリと衝突して転倒した。これでフリーになったデ・ヨングがゴールを奪っている。

 ロペテギ監督は「なぜゴールが認められなかったのか理解できない。落ち着いて見直した感想だ。なぜゴールにならないのか、本当に理由が分からない」とコメント。「我々は良い時間帯で、とても重要な瞬間だった。だから少しイライラしてしまった」と述べている。

 さらに、セビージャのスポーツディレクターを務めるモンチ氏は、「全世界が見たシーンだ。試合中に起こり得るアクションであり、戦術的な分析も技術的な分析も不要だ」と怒り心頭の様子。64分のゴールもVARで確認されたが「あのゴールまで取り消されていたら、私はチームを引き上げさせただろう」と話した。

 これでセビージャはレアル・マドリーとの勝ち点差が8に。敵地での上位対決で勝ち点を1でも取れれば、という状況だっただけに、セビージャ陣営としては怒りがおさまらないようだ。

【了】

新着記事

↑top