10人のアーセナルが100%の決定率。シュート2本で2得点、執念の粘りで2-2ドロー

2020年01月22日(Wed)11時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

アーセナル
アーセナル【写真:Getty Images】

【チェルシー 2-2 アーセナル プレミアリーグ第23節】

 プレミアリーグ第23節、チェルシー対アーセナルの試合が現地時間21日に行われ、試合は2-2の引き分けに終わった。前半に1人退場するも、アーセナルが執念の粘りで終盤同点に追いついている。

 28分、アーセナルDFシュコドラン・ムスタフィがGKベルント・レノへ向けて出したバックパスが短くなったところを、チェルシーのアブラハムに奪われてしまう。そして、GKが交わされたところで戻ってきたダビド・ルイスがペナルティーエリア内で相手を倒してしまいPKを献上。このPKをジョルジーニョが決めてチェルシーに先制点が入った。

 一人少なくなったアーセナルだが、63分に大きなチャンスを迎える。チェルシーのコーナーキックのシーンでアーセナルの18歳FWガブリエル・マルティネリがボールを奪うと、自陣からドリブルを開始。センターサークル付近で待ち構えていたカンテが足を滑らせたことで、さらにゴール前までドリブルで突き進む。そのまま約70mを独走し最後はGKケパ・アリサバラガの動きを冷静に見極め同点ゴールを決めた。

 しかし85分、チェルシーのアスピリクエタに勝ち越しゴールを奪われてしまう。それでも87分、ゴール前でボールを受けたペジェリンがゴールを決めて再びアーセナルが同点に追いつき、試合は2-2の引き分けに終わった。

 英メディア『BBC』が公開しているデータによると、チェルシーはシュート19本放っていたとのこと。対するアーセナルはシュート2本だけで2得点決め、執念の粘りで2-2のドローに持ち込んでいた。

【了】

新着記事

↑top