マンUやユベントスも狙ったイラクの新星がポルティモネンセ加入。西村拓真らと同僚に

2020年02月01日(Sat)17時59分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

モハナド・アリ
【写真:Getty Images】

 カタール1部のアル・ドゥハイルは、同クラブに所属するイラク代表FWモハナド・アリがポルトガル1部のポルティモネンセへ移籍することを1月30日付で発表した。買取オプション付きで6ヶ月間のレンタルとなる。

 現在19歳のモハナド・アリは、母国イラクのアル・ショルタで「13歳279日」という驚異的な若さでトップチームデビュー。その後も順調に成長を続け、17歳でのイラク代表デビューも飾った。

 昨年1月には18歳でイラク代表の背番号10を背負ってアジアカップ2019に出場。4試合で2得点を挙げるなどの活躍で国際的にも評価を高めた。

 当時モハナド・アリにはマンチェスター・ユナイテッドやユベントス、ベンフィカ、ガラタサライなど欧州の数多くの有力クラブからオファーが届いていたという。だが本人は「個人的理由や家族の理由」により欧州移籍を拒否したと伝えられ、結局昨年夏にカタールへと移籍することになった。

 それから半年を経て、ついに欧州での挑戦をポルトガルでスタートさせることが決まった。ポルティモネンセではGK権田修一、DF安西幸輝、FW西村拓真ともチームメートとしてプレーすることになる。

【了】

新着記事

↑top