脳動脈瘤の治療に励んでいたオランダ代表FW、7ヶ月ぶりにトレーニング復帰

2020年02月07日(Fri)13時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

リッキー・ファン・ウォルフスウィンケル
【写真:Getty Images】

 スイス1部のバーゼルに所属する31歳のオランダ代表FWリッキー・ファン・ウォルフスウィンケルが、約7ヶ月ぶりにトレーニングに復帰した。6日に英メディア『BBC』が報じている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2019年8月7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦のラスク戦で脳震盪を起こしたリッキーは、そのあとに検査を受けたところ、脳動脈瘤が発見された。脳動脈瘤が破裂すると、くも膜下出血を引き起こし、致命的または広範な脳損傷を引き起こす可能性があるという。脳震盪で試合を欠場することになったが、命の危険を避けられたことは不幸中の幸いと言えるだろう。

 同メディアによると、すぐに治療が開始され、今月に入ってトレーニングに参加できるまでに回復したとのこと。近いうちに再び試合でプレーする姿を見ることが出来そうだ。

【了】

新着記事

↑top