アーセナル指揮官、夏の補強案を検討中。まずは有望株の契約更新を希望

2020年02月15日(Sat)9時09分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ミケル・アルテタ
【写真:Getty Images】

 アーセナルのミケル・アルテタ監督は、長期的にチームを率いるつもりだ。すでに夏の補強について話し合いを始めていることを認めた。英『デイリー・メール』などが伝えている。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季苦戦が続くアーセナルは、シーズン途中にウナイ・エメリ前監督を解任し、その後アルテタ監督を迎えた。今も勝ちきれない試合が続いているものの、新指揮官の下で改善に向かっている。

 アルテタ監督は、アーセナルをかつての姿に戻すため、すでに来季以降のことも考えているようだ。同指揮官は14日、「我々は計画をたてなければいけない。目指す方向を知る必要があり、それをもとにさまざまなシナリオを描く必要がある」と述べた。

 そしてアルテタ監督は、「それを念頭に置いて、必要なもの、改善できると思う場所をクラブに伝えなければいけない。ともにプランをたててトライし、実行に移す。そのプロセスをできる限り短くする」と話している。

 具体的には、ジョー・ウィロック、ブカヨ・サカ、ガブリエウ・マルティネッリといった若手の将来を確保することだ。指揮官は「彼らの成長には満足している。発展の一部として、契約を改善し、クラブに結びつけることだ」と語った。

【了】

新着記事

↑top