モハメド・サリス
【写真:Getty Images】

 アトレティコ・マドリーがレアル・バリャドリーに所属する20歳のDFモハメド・サリスの獲得に本腰を入れるようだ。スペイン『マルカ』が現地時間16日に報じた。

【今シーズンのリーガはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今季バリャドリーでここまでリーグ戦全試合に出場しているサリス。レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッド、バレンシアやヘタフェなどが獲得に興味を示していると伝えられている。だが、同選手の争奪戦においてアトレティコが先手を打つことになりそうだ。

 アトレティコはバリャドリーの設定しているサリスの契約解除金1200万ユーロ(約14億円)の支払いに前向きであると報じられている。比較的安価で将来有望な若手DFを獲得できるとあって、争奪戦は必至となるだろう。

 果たして、20歳ですでにリーガで活躍するサリスを獲得するはどのクラブなのだろうか。

【了】

新着記事

↑top