もう一度アーセナルでプレーを。ビジャレアルMFが希望か。水面下で計画が進む?

2020年02月19日(Wed)11時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

サンティ・カソルラ
【写真:Getty Images】

 ビジャレアルに所属する35歳のスペイン代表MFサンティ・カソルラに関して、アーセナルが同選手の夢を叶える計画を考えているようだ。18日に英紙『フットボールロンドン』が報じている。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。2ヶ月無料お試し実施中】


 カソルラは17歳の時にビジャレアルの下部組織へ移り、2003年にトップチームデビュー。その後、レクレアティーボやマラガへの移籍を経て、2012年からアーセナルでプレーしていた。しばらくチームの中心選手として活躍していたが、2016年10月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のルドゴレツ戦で右足首を負傷し、その後は10度も手術を経験。感染症にもかかり、右足切断の危機を迎えたこともある。

 なんとか苦難を乗り越えたが、契約満了のため2018年に6年在籍したアーセナルを去ることになった。その後、1年契約でビジャレアルに加入。2018/19シーズンは公式戦46試合に出場し7得点11アシストを記録。今季は公式戦26試合に出場し12得点6アシストを記録するなど順風満帆な生活を続けている。

 ただ、カソルラには心残りがあるようだ。チームを去る際にアーセナルファンに対してお別れの挨拶が出来なかったこと。同紙によると、カソルラが現役引退するまえにアーセナルのユニフォームを着てもう一度プレーすることを望んでいるという。

 2020年6月にビジャレアルとの契約が終了するため、夏にアーセナルへ移籍するという案もある。ただ、アーセナルが獲得するのか、それとも親善試合の形でプレーするだけにとどまるのか、現時点では未定とされる。

 アーセナル側もカソルラの気持ちは理解しており、何らかの形でカソルラにアーセナルのユニフォームを着せることを考えているようだ。果たして、カソルラの夢は叶うのだろうか。

【了】

新着記事

↑top