エドゥアルド・カマビンガ
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーはフランス・リーグアンのレンヌに所属する17歳のU-21フランス代表MFエドゥアルド・カマビンガをリストアップしたようだ。スペイン『アス』が現地時間20日に報じた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現在17歳ながらレンヌのトップチームで主力に定着し、今季は公式戦32試合に出場1得点を記録しているカマビンガ。フランスプロサッカー選手協会(UNFP)による昨年8月のリーグアン月間最優秀選手に16歳10ヶ月で選出され、史上最年少記録を塗り替えた逸材である。

 そんなカマビンガにはレアルを始め、アーセナルやマンチェスター・シティ、トッテナム、バルセロナなどのビッグクラブが獲得に興味を示していると報じられている。レアルは同選手をリストアップし、将来のカゼミーロ後釜候補と考えているようだ。

 レンヌの下部組織出身のカマビンガは2019年にトップチーム昇格。16歳でトップチームデビューを飾ると、リーグアン1年目で7試合に出場した。

【了】

新着記事

↑top