プレミアリーグで旋風起こす若き才能たち。マンU、マンC、アーセナル…英国を賑わす期待の逸材【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

アーリング・ハーランドを筆頭に、今季の欧州サッカーはヤングガンズの台頭が目覚ましい。もちろん、プレミアリーグの強豪クラブでも将来有望な若手が続々とその才能を示し始めている。現在は新型コロナウイルスの感染拡大により試合の中断を余儀なくされているが、再開後に注目をしておくべき期待の逸材たちを紹介しよう。(文:粕谷秀樹)

2020年04月04日(Sat)10時30分配信

シリーズ:粕谷秀樹のプレミア一刀両断
text by 粕谷秀樹 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

目覚ましいヤングガンズの台頭

アーリング・ハーランド
ハーランドは今季の欧州サッカーを賑わせた若手選手の筆頭と言えるだろう【写真:Getty Images】

 新型コロナウイルスの感染拡大により、プレミアリーグは『6月1日再開予定』、『7月12日までに残り試合を無観客で消化』、約4ヶ月後の8月8日に2020/21シーズン開幕というプランをイギリス政府に提出。厄介なウイルスに感染したボリス・ジョンソン首相も、隔離された執務室で思案しているに違いない。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 さて、見えない恐怖との戦いで、すっかりネガティブになりがちな今日このごろだが、今シーズンのヨーロッパ・フットボールは<ヤングガンズ>の台頭が目覚ましい。実力のある中堅、ベテランを撃ち落とす勢いだ。

 バルセロナのソシオは17歳のアンス・ファティこそが名門復活の担い手だ、と期待を寄せる。レアル・マドリードのヴィニシウス・ジュニオール(19歳)はジネディーヌ・ジダン監督の信頼を勝ちとり、弱冠20歳のフェラン・トーレス(バレンシア)は今夏のメガクラブ移籍が有力視される存在だ。

 ベテランが幅を利かせている印象が強いバイエルン・ミュンヘンでも、20歳のアルフォンソ・デイビスと18歳のヨシュア・ザーククジーが定位置をつかもうとしている。

 いけない、ボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランドを忘れていた。19歳のアタッカーはザルツブルクから移籍後2試合で5ゴール。瞬く間にサポーターのハートをつかんだ。ドルトムントの僚友で、20歳のジェイドン・サンチョとともに、今後の移籍市場を賑わせる存在になる。

 プレミアリーグも同様だ。バーンリーで左ウイングとして異彩を放つドワイト・マクニール、ウェストハムの中盤に君臨するデクラン・ライス、シェフィールド・ユナイテッドの堅守を支えるGKディーン・ヘンダーソン、エバートンで覚醒の予感を漂わせるドミニク・キャルヴァート=ルーウィンなどは、いずれも20代前半の若者だ。

ギルモアはインパクト特大

プレミアリーグ
【写真:Getty Images】

 そして捲土重来を期す名門でも、ヤングガンズの存在感が日増しに強くなってきた。

 チェルシーのフランク・ランパード監督は、若手にチャンスを与えている。リース・ジェームズ、フィカヨ・トモリ、メイソン・マウント、カラム・ハドソン=オドイに経験を積ませ、多少のミスには目をつぶってきた。このプランが効を奏し、いま、18歳の少年が注目されている。

「なんて落ち着いていやがるんだ」

 マンチェスター・ユナイテッドの元キャプテンで、コメンテイターに転身した後も辛らつな批評で世間を騒がせるロイ・キーンが、ビリー・ギルモアには衝撃を受けたようだ。2~3人に囲まれても慌てない。その時点でもっとも有効な選択肢を即座に判断し、リズムとテンポを維持している。

 本稿執筆時点でプレミアリーグは途中出場が3試合。レベルの高いチェルシーの中盤では、プライオリティも最下位だ。しかし、出場したときのインパクトは特大で、ランパード監督も「チャンスはより増えるに違いない」と相好を崩した。166cm・60kgと体格には恵まれないが、ギルモアのセンスはそのハンデを補って余りある。

「ギルモアのプレーをゆっくり楽しみたいっていうのに、コメンテイターがうるさすぎる。とくにガリー・ネヴィルだ」

 キーンはユナイテッドの後輩をディスりつつ、すっかりギルモアの虜になっていた。

 センスの優劣でいえば、マンチェスター・シティのフィル・フォーデンも負けてはいない。

「いずれシティを背負って立つ」(ジョゼップ・グアルディオラ監督)
「わたしの後継者は彼しかない」(ダビド・シルバ)

 クラブ内の評判も上々だ。ボールコントロール、ゲームビジョンともにトップランク。ドルトムントのサンチョとともに、イングランド・フットボールのアイコンになるべき逸材だ。

「ポジションを奪い、高いレベルで経験を積むこと」

 グアルディオラ監督が語ったように、残された唯一の課題は試合経験だろう。シルバ、ケビン・デ・ブルイネ、ベルナルド・シウバといった実力者の一角を崩せず、今季リーグ戦は14試合にしか出場していない。

 トレーニングでも数多くを学べるシティは、グアルディオラ監督の熱血指導が受けられる立場は、他の若手よりも恵まれている。無為無策のデイビッド・モイーズに指導されるライス(前出)はたまったものではない。

 しかし、闘ってみないと対戦相手を知ることは難しい。映像分析と実際の肌感覚がまったく異なるケースもある。

 D・シルバは今シーズン限りで退団する。来シーズンは多くのチャンスをつかめるはずだが、ここでも定位置から遠く離れると、去就を考えた方がいい。フォーデンは来シーズンが勝負だ。

RVPを彷彿とさせるグリーンウッド

プレミアリーグ
【写真:Getty Images】

 ユナイテッドのメイソン・グリーンウッドはシュートが巧い。むやみやたらと撃つのではなく、GKのポジションを冷静に見極めている。したがって強打が少ない。オーレ・グンナー・スールシャール監督も、「メイソンは生粋のシューターだ。教えればできるってわけではない技術を持っている。ロビン・ファン・ペルシに似ているね」と絶賛していた。

 スペースの見つけ方、マーカーとの駆け引き、シュートの正確性などは、たしかにファン・ペルシを彷彿とさせる。12年夏、アーセナルから移籍し、3シーズンでリーグ戦48ゴールを挙げたストライカーに、18歳の若者はどこまで近づけるだろうか。

 来シーズン、ユナイテッドにはサンチョがおそらくやって来る。マーカス・ラシュフォードも腰の疲労性骨折から立ち直る。さらにアントニー・マルシャル、ダニエル・ジェームズ、そしてローンから完全移籍に切り替えられる公算大のオディオン・イガロなど、前線は多士済々だ。しかしグリーンウッドの才能をもってすれば、この激戦区で定位置を確保したとしても不思議ではない。

 アーセナルにも期待の18歳がふたりいる。ガブリエウ・マルティネッリとブカヨ・サカだ。前者はリーグ戦14試合、後者は同18試合出場。ミケル・アルテタ監督の信頼をすでに得た、といっていいだろう。

 第24節のチェルシー戦でみせたマルティネッリの独走は、今シーズンのハイライトだ。自陣から80mほどを突破し、敗色濃厚のチームに貴重な1ポイントをもたらしたのだから、大きな自信につながったに違いない。慧眼には定評のあるユルゲン・クロップ監督(リバプール)も、「スーパースター候補生。いま、もっとも期待すべき若者のひとりだ」と絶賛していた。

 サカは負傷者続出の犠牲者となった。左サイドバックのキーラン・ティアニー、セアド・コラシナツが相次いで戦列を離れたため、白羽の矢が向けられた。チーム内のトレーニングでもほとんど経験していないポジションなのだから、守りで後手にまわるのは仕方がない。

 しかし、攻撃参加のタイミングは素晴らしく、左足から繰り出されるクロスも精度が高い。適性はおそらく左ウイング。ティアニーとの連係が研ぎ澄まされていけば、アーセナルの左サイドはプレミアリーグの、いや、ヨーロッパのフットボールシーンでも見どころのひとつになる。

 よくよく考えてみると、リバプールのトレント・アレクサンダー=アーノルドは21歳、ユナイテッドのラッシュフォード(前出)とアーロン・ワン=ビサカもまだ22歳だ。シティはビルドアップの起点になりうるエリック・ガルシアという19歳のDFを擁し、アーセナル生え抜きのジョセフ・ウィロックとリース・ネルソンもまだ20歳だ。

 コロナ禍で疲れ切った世の中を、いつか必ず彼らが元気づけてくれるはずだ。フットボールのある週末が、ミッドウィークが戻ってきたら、ヤングガンズのパフォーマンスを思いっきり楽しもう。

 明日に向かって撃て――。

(文:粕谷秀樹)

【了】

新着記事

↑top