20200405_rm_getty
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードでフィジカルトレーナーを務めていたホセ・ルイス・サン・マルティン氏が、かつて同クラブに所属したスターたちの身体能力について明かした。スペイン『マルカ』が現地時間4日に伝えている。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2000年代に銀河系軍団と称されたレアル・マドリードには、多くのスター選手が在籍していた。その特長はさまざまだが、それぞれがトップレベルのアスリートであることは間違いない。

 強烈な左足のFKと圧倒的なスピードが話題だった、元ブラジル代表のロベルト・カルロスは、やはり短距離が得意なようだ。

「ある日の練習で彼に『100メートルで11秒を切れるんじゃないか』と言ったことがある。すると、『今すぐ計ろう』と言われてね。練習後だったからどうかと思ったが、もうやるしかなかった。彼のタイムは10.8秒さ。驚いたよ」

「ロベルトは見事な加速力があり、そのスピードを維持する能力もあった。スプリンターの証明だ。サッカー選手で、ロベルト・カルロスほどの筋肉の塊は見たことがない。別の惑星からきたような感覚だ。彼の脚の筋肉量は、ボディビルダー並だ」

 さらに短い距離では、元ブラジル代表のロナウドが印象的だったという。

「ベン・ジョンソンのような特長の持ち主だ。60メートルで好記録を出せる。彼は筋繊維が強力で爆発力があった一方、疲労を溜めやすかった。だから、彼の持久力を高めるために有酸素トレーニングを多く行ったよ。素晴らしい筋肉の質が爆発的なスピードを生んだ。彼のようなパワーとスピードを持った選手は、今のサッカー界にいないね」

 元イングランド代表のデイビッド・ベッカムの守備における貢献度の高さは、中距離向きの身体能力も手伝っていたようだ。

「体重あたりの筋力が優れていたから、800メートルが合っている。世界記録は1分40秒ちょっとだが、ベッカムなら1分50~52秒でいけるだろう」

 ルイス・フィーゴやジネディーヌ・ジダンは、ピッチコンディションを気にしないタイプだったという。

「フィーゴは脚が強かった。クロスカントリーをしていてもおかしくはなかったね。ジダンも同様だ。彼らはぬかるみや雨を苦にせず走ることができる」

 独特の嗅覚でゴールを量産したラウールは、長距離向きだ。

「彼はマラソンランナーだ。引退してすぐに出たマラソンで3時間30分を切った。しっかり練習をすれば、2時間15分くらいまでいけただろう」

【了】

新着記事

↑top