ダヨ・ウパメカノ
【写真:Getty Images】

 バイエルン・ミュンヘンがライプツィヒのDFダヨ・ウパメカノ獲得に全力を注ぐつもりのようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』などが報じた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 21歳のウパメカノは、U-21フランス代表のセンターバック。これまでにアーセナルやトッテナム、マンチェスター・シティといったビッグクラブが獲得に名乗りを上げたとされているが、さらにレアル・マドリードも争奪戦に加わったと伝えられていた。

 しかし、バイエルンが一気に獲得を決めるかもしれない。

 報道によると、バイエルンは6000万ユーロ(約70億円)の契約解除金を支払ってウパメカノを引き抜く方針を固めたとのことだ。

 ライプツィヒとの契約が2021年までのウパメカノは、契約更新の意思がない模様。争奪戦の行方に注目が集まる。

【了】

新着記事

↑top