ガレス・ベイル
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードのFWガレス・ベイルに対して、ニューカッスルが関心を示している。スペイン『マルカ』が現地時間10日に伝えた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ニューカッスルは現在、クラブの売却交渉を進めている。サウジアラビアの巨大資本をバックに持つ新オーナーの誕生が承認されれば、すぐにでも大型補強に動くことが予想されているところだ。

 新生ニューカッスルはすでに補強リストを作成しているようで、そのトップに挙がっているのがベイルだという。

 ベイルはレアル・マドリードからの移籍が幾度となく噂になっている。ニューカッスルの新監督と報じられているマウリシオ・ポチェッティーノ氏もこの動きに賛同すると予想した。

 レアル・マドリードがベイルを獲得した際、トッテナムは一つの条件を付けたという。同選手がイングランドに戻ることがあれば、トッテナムが優先的交渉権を得るというものだ。ただ、これは2019年夏で期限切れ。現在は障壁にならないとみられている。

 夏の動きが注目されているニューカッスル。新生クラブで最初のインパクトは、ベイル獲得となるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top