マルコ・アセンシオ
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表FWマルコ・アセンシオをセンターフォワードに起用するプランがあるようだ。スペイン『アス』が現地時間14日に報じた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 アセンシオは今季開幕前のプレシーズンマッチで負傷。左膝の前十字靭帯断裂および外側半月板の損傷で今季絶望と言われていた。だが、新型コロナウイルスの影響により、現在リーグ戦は中断。これが追い風となり、アセンシオは今季中の復帰を見据えている。再開したマドリーの練習に姿を現したアセンシオ。再開後はセンターフォワードで起用される可能性があるという。

 マドリーではセルビア代表FWルカ・ヨビッチが右足首の骨を骨折したと伝えられている。そこで、ジネディーヌ・ジダン監督はFWカリム・ベンゼマのバックアップをアセンシオに任せようとしているようだ。ヨビッチ以外のFWではマリアーノ・ディアスがいるが、ジダン監督は同選手をウィングで起用したいとのこと。

 同メディアによると、ジダン監督のプランは4-3-3の場合、アセンシオを偽9番としてセンタフォワードに起用。また、4-4-2の場合は2トップのベンゼマかFWエデン・アザールのバックアップとなるという。

 順調な回復を見せているアセンシオ。復帰後はウィングではなく、しばらくはセンターフォワードとしてプレーすることになるかもしれない。

【了】

新着記事

↑top