サラー、2018年にレアルからのオファー。エジプト代表の元コーチが明かす

2020年05月18日(Mon)8時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

モハメド・サラー
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードが2018年にリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーにオファーを提示していたようだ。スペイン『マルカ』などが現地時間17日に報じた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 サラーは2017年にローマからリバプールに移籍。リバプールの主力として活躍し続け、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献した。そんなサラーにはマドリー移籍の可能性があったようだ。

 エジプト代表元アシスタントコーチのハニー・ラムジー氏は『OnTime Sports』のインタビューに答え、「私がエクトル・クーペル(当時のエジプト代表監督)と一緒に働いている時、我々はスイスでトレーニングを行なっていた。サラーと話し、彼は私にレアル・マドリードがオファーを提示したことを話した」と明かしている。

 結局、サラーはリバプールへ残留となったが、その理由としてラムジー氏は「そのオファーは好条件だった。でも、サラーはそれについて私とクーペル監督と話し合いを行った。そして、リバプールに残留することを決めたんだ。なぜなら、彼はそこで満足していたからね」とコメントしている。

【了】

新着記事

↑top