リバプール期待の17歳、レアル入りを断ったと明かす「セルヒオ・ラモスのことは嫌い」

2020年06月01日(Mon)17時24分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

ハーヴェイ・エリオット
【写真:Getty Images】

 リバプールに所属する17歳のU-17イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットは、レアル・マドリードのホームスタジアムや練習場を訪問しながらも移籍を断ったことを明かした。『ジ・アスレティック』でのコメントを複数メディアが伝えている。

【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 エリオットはフラムに所属していた昨年5月、プレミアリーグ史上最年少記録を更新する16歳60日でデビュー。多くのビッグクラブからの関心が噂されたが、リバプールが争奪戦を制して“ワンダーキッド”を獲得することに成功した。

 エリオットには他にマンチェスター・シティやチェルシー、アーセナル、パリ・サンジェルマンなども関心を抱いていると報じられていた。リバプールへの移籍が決定する以前には、マドリーからの招待を受けて本拠地サンティアゴ・ベルナベウや練習場なども見学したという。

 そこでエリオットは、マドリーのキャプテンであるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスと対面するチャンスも提案されたとのこと。だがこれに対し、「いや、いいです。モハメド・サラーにやったことのせいで、彼のことは好きじゃないので」と断ったと振り返っている。

 2018年チャンピオンズリーグ決勝でリバプールとマドリーが対戦した際に、リバプールのエースであるサラーをS・ラモスが接触プレーで意図的に負傷させたとして大きな騒動が巻き起こった。S・ラモスは故意ではなかったと主張し、映像の角度によっては接触がなかったようにも見えるが、両クラブの間には強い因縁が残る結果となっている。

【了】

新着記事

↑top