マンU、アルゼンチン期待の19歳FW獲得に向けて交渉開始。契約解除金は27億円か?

2020年06月06日(Sat)22時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ティアゴ・アルマダ
【写真:Getty Images】

 アルゼンチン1部のCAベレス・サルスフィエルドに所属する19歳のU-20アルゼンチン代表FWティアゴ・アルマダについて、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に向けた交渉を開始したようだ。5日にスペインメディア『フィチャジェス』が報じている。

【今シーズンのユナイテッドの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 同メディアによると、アルマダに興味を示すアーセナルやアトレティコ・マドリードに先駆けてユナイテッドが獲得に向けた交渉を始めたという。同選手には2200万ユーロ(約27億2000万円)の契約解除金が設定されているようだ。ただし、期限は今夏までとのこと。夏の移籍市場をすぎれば遥かに高価になるとされる。

 アルマダはCAベレスの下部組織で育ち2018年にトップチームへ昇格。今季は公式戦25試合に出場し5得点2アシストを記録していた。CAベレスとの契約期間は2023年6月まで残っているが夏に移籍する可能性はあるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top