インテル、“ピルロ2世”争奪戦を制す? 移籍金37億円+ボーナスで獲得か

2020年06月10日(Wed)8時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

サンドロ・トナリ
【写真:Getty Images】

 ブレシアに所属する20歳のイタリア代表MFサンドロ・トナーリがインテルへ移籍するかもしれない。9日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 同メディアによると、インテルが移籍金3000万ユーロ(約36億7000万円)+パフォーマンス関連のボーナスを支払う条件でクラブ間の交渉がほぼ完了したという。ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、フィオレンティーナ、バルセロナ、ナポリ、パリ・サンジェルマン(PSG)などもトナーリの獲得を狙っていたが、激しい争奪戦をインテルが制する可能性が高くなったようだ。

 当初、ブレシアの会長を務めるマッシモ・チェッリーノ氏は5000万ユーロ(約61億円)を要求していた。しかし、新型コロナウイルスの影響で状況が変わったため、移籍金3000万ユーロ+ボーナスという条件を受け入れる模様。

 トナーリは現役時代にイタリア代表として活躍したアンドレア・ピルロ氏にちなんで”ピルロ2世”とも呼ばれている。今季は公式戦24試合に出場し1得点5アシストを記録している。19歳でイタリア代表デビューを果たすなど将来が期待されている逸材だ。

【了】

新着記事

↑top