マヌエル・ペレグリーニ
【写真:Getty Images】

 リーガ・エスパニョーラのレアル・ベティスは9日、マヌエル・ペレグリーニ氏が来季から監督に就任することを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

【今シーズンのリーガはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 以前からベティスが興味を示していて、スペイン『アス』などが「ペレグリーニがレアル・ベティス監督就任へポールポジションに立った」と報じていた。そして、ペレグリーニ氏はベティスと来季から2023年まで契約を結ぶことになった。

 ビジャレアルやレアル・マドリード、マラガなどの監督を歴任したペレグリーニ氏は、2013年にマンチェスター・シティの監督に就任。その後、2016年に中国1部の河北華夏の監督に就任した。2018年からウェストハムを指揮していたが、2019年12月28日に行われたシティ戦後に解任された。

【了】

新着記事

↑top