マンC、2年間のUEFA主催大会出場停止処分は撤回なるか? 13日にスポーツ仲裁裁判所が判決

2020年07月11日(Sat)20時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

マンC
【写真:Getty Images】

 マンチェスター・シティがFFP(ファイナンシャル・フェアプレー)違反の処分撤回を求めてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えを起こしていた問題について、CASの判断が現地時間13日に下されるようだ。10日に英メディア『BBC』が報じている。

【今シーズンのシティの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2012年から2016年にかけてシティがFFP規定に関する重大な違反を犯したとして、欧州サッカー連盟(UEFA)が2月14日に来季から2年間のUEFA主催大会出場禁止および罰金2500万ポンド(約33億7000万円)の処分を言い渡した。この決定を不服としたシティがCASに上訴していたのである。同メディアによると、現地時間13日にCASが判決を下すようだ。

 この件に関して、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は「準備はできている」とし、「我々はフィールドに立ちたい。CLでプレーすることを許可する人々に対し、多くの自信と信頼を持っている」と答えている。

【了】

新着記事

↑top