マンU指揮官、人選ミスを認めデ・ヘアのミスにも言及。CL出場権争いに切り替える

2020年07月20日(Mon)8時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ダビド・デ・ヘア
【写真:Getty Images】

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間19日、FAカップ準決勝でチェルシーと対戦し、1-3で敗れた。オーレ・グンナー・スールシャール監督は、自身のチーム選びがうまくいかなかったことを認めている。英『スカイ・スポーツ』が伝えた。

【今シーズンのユナイテッドの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ユナイテッドは過密日程が続く中、メンバーを固定してカップ戦に挑んだ。しかし、FAカップ決勝への切符を逃し、チャンピオンズリーグ出場権争いが続くリーグ戦にも負担を強いる結果となっている。

 スールシャール監督は試合後、「準決勝を突破するためのチームを選択し、そして水曜日に備えるつもりでいた。それがうまくいかなかった」と、自分の責任を認めた。

 この日の2失点目は、今季たびたびミスが話題になるGKダビド・デ・ヘアが関与している。ユナイテッド指揮官は「ダビドは2失点目を防がなければいけなかったと分かっている。ただ、それは過去だ。GKは修正を加えるのが難しい。フィールドプレーヤーの方がはるかに簡単だ。ダビドはほかの試合で良いセーブを見せたが、彼は自分があのシュートも止めるべきだったと分かっているよ」と話した。

 この日行われたプレミアリーグでは、同勝ち点で並ぶ4位レスター・シティがトッテナムに敗れたため、5位ユナイテッドは残り2試合でチャンピオンズリーグ出場権を自力で手にすることができる状況となった。

 ユナイテッドは最終節の相手がレスター。ウェスト・ハム戦で引き分ければ、最終節で負けなければ4位以内が確定する。

 スールシャール監督はチャンピオンズリーグ出場権争いについて、「ほかからの援護射撃が多ければそれに越したことはない。ただ、水曜日(ウェスト・ハム戦)に我々が勝てば、レスター戦の前に位置につけることができる」とコメント。まずはウェスト・ハム戦に集中すると語った。

【了】

新着記事

↑top