柴崎岳のデポルティボ、戦わずして40年ぶりの3部降格。新型コロナの影響で最終節が延期に

2020年07月21日(Tue)14時12分配信

photo ムツ・カワモリ
Tags: , , , , , , , , , , ,

柴崎岳
【写真:ムツ・カワモリ】

 日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボ・ラ・コルーニャが40年ぶりのセグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)降格が決まった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の最終節が現地時間20日に各地で行われた。デポルティボはフエンラブラダと対戦する予定だったが、スペイン『マルカ』によると、フエンラブラダの選手・スタッフ計12名に新型コロナウイルス陽性反応が出たため、この一戦だけ延期となった。

 試合が延期となったため、1試合少ない状況でデポルティボの勝ち点は48のまま。しかし、残留争いをしていたルーゴとアルバセテが最終節で勝利。残留圏内の18位ポンフェラディーナはサラゴサに敗戦し、勝ち点は51のままとなった。デポルティボは延期となった最終節で勝利を収めれば、ポンフェラディーナと勝ち点が並ぶが、当該チームの成績で下回っているためデポルティボはポンフェラディーナを上回ることができず。この時点でデポルティボの降格が決まった。

 デポルティボの3部降格は1979/80シーズン以来の40年ぶりとなる。新型コロナの影響でデポルティボは最終節を戦わずして3部に降格となった。

【了】

新着記事

↑top