プレミアリーグ最高のウイングは誰だ! サッカー選手WG能力値ランキング16位~20位。フィジカルモンスターが登場(19/20シーズン確定版)

世界各国から選手が集うイングランド・プレミアリーグで最高のウインガーは誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたプレミアリーグ所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

2020年08月28日(Fri)7時00分配信

シリーズ:19/20能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

20位:パラグアイのディ・マリア

EnglandWG20
ミゲル・アルミロンの能力値や今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

MF:ミゲル・アルミロン(パラグアイ代表/ニューカッスル)
生年月日:1994年2月10日(26歳)
市場価格:1600万ユーロ(約19.2億円)
今季リーグ戦成績:36試合出場/4得点2アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ミゲル・アルミロンは母国パラグアイからアルゼンチン、アメリカ合衆国を経てイングランドにやってきた。メジャーリーグサッカー(MLS)ではアタランタ・ユナイテッドをリーグ制覇に導く活躍を見せている。

 アルミロンにはマンチェスター・ユナイテッドが関心を示し、アーセナルは期限付きでの獲得を打診していた。しかし、ニューカッスルがクラブ史上最高額となる2000万ポンド(約29億円)の移籍金で昨年1月に獲得している。

 右ウイングやトップ下でプレーすることが多いが、左ウイングやインサイドハーフなども器用にこなす。DFラインの裏を取る「スピード」に優れ、マークをはがす「テクニック」や「ドリブル」も秀でている。そのプレースタイルはアンヘル・ディ・マリアに例えられ、パラグアイ代表では中心的存在になっている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top