レアル・マドリード
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードは現地時間9日にスペイン2部のラージョ・バジェカーノとの練習試合を予定していたが、この試合は中止となるようだ。スペイン紙『マルカ』『アス』などが伝えている。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2020/21シーズンに向けたプレシーズン最初の練習試合として、マドリーは練習場バルデベバスにラージョを迎えることを予定していた。だが前日8日に中止が決定されたと報じられている。

 ラージョの選手1人が新型コロナウイルスに感染している可能性があると疑われる状況であることが中止の理由のようだ。検査結果が確定しておらず、当日の朝まで結果が出ないことが見込まれたため大事を取って中止が決まったとみられている。

 ラージョとの試合が中止になれば、マドリーが新シーズンの開幕前に行うテストは15日のヘタフェ戦1試合のみとなる。20日にはリーガ開幕戦のレアル・ソシエダ戦が予定されている。

【了】

新着記事

↑top