ミランにレンタルの21歳MF、レアルへの移籍は後悔なし。今はミランに集中…「100%捧げる」

2020年10月07日(Wed)17時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ブラヒム・ディアス
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードからACミランにレンタル移籍となった21歳のFWブラヒム・ディアスが、ミラン移籍やマドリーなどについて話した。スペイン『アス』が同選手のインタビューを掲載している。

【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨年1月にマンチェスター・シティからマドリーに移籍したディアス。今季は出場機会を求め、ミランへレンタルとなった。ディアスはすでに今季ここまで公式戦5試合に出場し、移籍後初ゴールも決めている。

 インタビューに答えたディアスはミランを選んだ理由について「ミランは歴史のあるクラブで、ロックダウン後に好調を維持した素晴らしい計画を持ったクラブ。彼らが示した暖かさと興味が、この素晴らしいクラブへ行くことを勧めたんだ」とコメントしている。

 また、シティからマドリーに移籍しことに関して後悔はしているかと聞かれ、「完全にない。レアル・マドリードだからね」と返した。さらに、将来マドリーで成功できる自信はあるかと聞かれ、ディアスは「今年はミランに集中している。僕は100%彼らに捧げたい。楽しみだよ」と話し、ミランでのプレーに集中している。

 今季も好調を維持しているミランへレンタルとなったディアス。将来のマドリーでの活躍のため、イタリアで成長することができるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top