マンUの22歳イングランド代表FWに大英帝国勲章授与。児童への食糧支援活動に評価

2020年10月10日(Sat)15時05分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

マーカス・ラッシュフォード
【写真:Getty Images】

 マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードに、大英帝国勲章が授与されることが決まった。英メディア『BBC』などが伝えている。

【今シーズンのユナイテッドの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ラッシュフォードに授与されるのは大英帝国勲章の第5位にあたるMBE(メンバー)。サッカー界ではトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインがロシアワールドカップでの活躍により同じMBEを受勲したほか、過去にはスティーブン・ジェラード氏やテディ・シェリンガム氏なども受勲している。

 ラッシュフォードへの勲章授与は、スポーツ面ではなく慈善活動が高く評価された結果となる。新型コロナウイルスによるパンデミック中に、ラッシュフォードは低所得家庭の児童を対象とした食事支援施策の延長を英国政府に訴えかけ、その結果として総額1億2000万ポンド(約165億円)相当と試算される新たな支援が決定された。また、募金により2000万ポンド(約27億6000万円)以上の資金を集めて自らも食糧を提供する活動を行っていた。

「僕個人として素晴らしい瞬間だと思うけど、まだ自分が目標として達成しようとしている道のりのスタートに過ぎないと感じている」とラッシュフォードはコメント。今後もチャリティー活動に取り組んでいく姿勢を示している。

【了】

新着記事

↑top