インテル、アシュリー・ヤングも新型コロナ陽性。感染選手は6人目に

2020年10月11日(Sun)19時39分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

アシュリー・ヤング
【写真:Getty Images】

 イタリア・セリエAのインテルは11日、同クラブに所属するイングランド代表DFアシュリー・ヤングから新型コロナウイルス感染の陽性反応が検出されたことを発表した。

【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ヤングは前日の10日に練習場で実施された検査により陽性が確認されたとのこと。現在は自宅で隔離中だと説明されている。

 インテルではここ数日、選手の新型コロナ感染確認が相次いでいる。イタリアU-21代表のDFアレッサンドロ・バストーニとスロバキア代表のDFミラン・シュクリニアルがそれぞれの代表チームで実施された検査で陽性となったことでクラブ内でも検査が行われ、9日にはMFロベルト・ガリアルディーニ、MFラジャ・ナインゴラン、GKヨヌーツ・ラドゥの陽性が確認された。感染者はヤングで6人目となる。

 インテルは今週末の17日に行われるセリエAの試合でミランとのダービーマッチを予定している。現状では試合は予定通りの開催が見込まれているが、不安を抱えてのダービーマッチとなりそうだ。ヤングは今季のここまでの3試合に全て出場し、バストーニ、シュクリニアル、ガリアルディーニも各2試合、ナインゴランも1試合に出場していた。

【了】

新着記事

↑top