久保建英、退場処分撤回を競技委員会が決定!「先にボールに到達していた」

2020年10月21日(Wed)22時47分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

久保建英
【写真:Getty Images】

 スペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会は21日、ビジャレアルの日本代表MF久保建英に対してバレンシア戦で提示された2枚目のイエローカードおよび退場処分を撤回する決定を発表した。

【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 久保は現地時間17日に行われたリーガエスパニョーラ第6節のバレンシアとのダービーマッチに交代出場。ビジャレアルの決勝ゴールに繋がるヒールパスも出したが、後半アディショナルタイムの92分には相手選手との交錯で2枚目のイエローカードを受けて退場となった。

 ウナイ・エメリ監督は試合後に久保の退場を不服とし、異議申し立てを行うことを表明していた。競技委員会ではクラブから提出された訴えと映像証拠を確認の上、警告は妥当ではなかったとの判断を下した。

 久保が2枚目のイエローカードを受けたプレーについては、「警告を受けた選手は明らかに先にボールに到達してボールをクリアしており、その後避けられない形で両選手の接触が生じた」とRFEFの公式文書は記述。久保から相手選手に対する危険なプレーではなかったと判断し、警告とそれに伴う退場処分を取り消すとしている。

 これにより、久保は今週末に行われる第7節カディス戦で出場停止処分を受けることはなく、出場が可能となる。ここまでリーグ戦6試合で先発出場なしと苦戦が続いている久保だが、先発を争うチャンスは失わずに済むことになった。

【了】

新着記事

↑top