久保建英のパスミスからピンチも。スペイン紙が指摘「あってはならないミス」「バジャドリードにチャンスを与えた」

2020年11月03日(Tue)9時08分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

久保建英
【写真:Getty Images】

【ビジャレアル 2-0 バジャドリード リーガエスパニョーラ第8節】

 リーガエスパニョーラ第8節、ビジャレアル対バジャドリードの試合が現地時間2日に行われ、ビジャレアルは2-0の勝利をおさめている。この試合で途中出場を果たしたビジャレアルの久保建英について、スペイン紙『アス』が同選手のパスミスの場面に言及した。

【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 21分にサムエル・チュクウェゼが先制点を決め、37分にはパウ・トーレスが追加点を決める。64分に久保が途中出場を果たすと、81分に久保のパスミスからピンチを迎えた。しかし、GKセルジオ・アセンホが防いで失点を免れる。84分には久保に決定機が訪れるもシュートはバジャドリードのGKジョルディ・マシップに止められた。ビジャレアルはリードを守り切り2-0の勝利をおさめている。

 スペイン紙『アス』はタイトルに「久保にとっては、あってはならない過ち。これはウナイ・エメル監督もレアル・マドリードも許さない」とつけ、「チュクウェゼとの交代で後半に出てきた日本人プレイヤーは、パスミスからバジャドリードにチャンスを与えた。やってはいけないミスだった」とコメントした。結果的に失点には繋がらなかったものの、改善すべき点と言えるだろう。

【了】

新着記事

↑top