年間ベストゴール候補入り。奥川雅也同僚MFが豪快に突き刺したボレー弾

2020年11月25日(Wed)23時23分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ズラトコ・ユヌゾビッチ
【写真:Getty Images】

 世界のサッカー界の年間ベストゴールに贈られる「FIFAプスカシュ賞」候補の11ゴールが25日に発表された。レッドブル・ザルツブルクの元オーストリア代表MFズラトコ・ユヌゾビッチが今年6月に記録したゴールもそのひとつだ。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 6月24日に行われた昨季オーストリア・ブンデスリーガ第29節のラピド・ウィーン対ザルツブルク戦。FW北川航也とMF奥川雅也の日本人対決でもあり、ザルツブルクがアウェイで7-2の大勝を飾ったという試合だった。

 ユヌゾビッチがプスカシュ賞にノミネートされるスーパーゴールを記録したのはこの試合の65分、ザルツブルクが6-1とリードを広げる得点。右CKからハンガリー代表MFソボスライ・ドミニクが上げたクロスをエリア手前左側で待ち構え、ボールの落ち際を右足ダイレクトで叩くと、強烈なインパクトを与えられたボールは直線的な軌道で一瞬にしてネットに突き刺さった。

 ソン・フンミンの“8人抜き”70メートル独走ゴールや、ルイス・スアレスのヒール弾なども含めて、ノミネートされたゴールは当然ながらいずれも素晴らしい得点ばかり。伝説的ストライカーの名を冠したベストゴール賞を受賞するのはどのゴールになるだろうか。

1 2

新着記事

↑top