アーセナル戦で交代のウルヴズFWヒメネス、「意識はある」と指揮官が容態説明

2020年11月30日(Mon)7時31分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ラウール・ヒメネス
【写真:Getty Images】

 ウルヴァーハンプトンのFWラウール・ヒメネスは、大事に至らなかったようだ。同クラブを率いるヌーノ監督が現地時間29日のアーセナル戦後に英『スカイ・スポーツ』でコメントを残した。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ヒメネスはこの日、開始5分にアーセナルのダビド・ルイスと頭同士で激突。意識を失って担架で運び出され、そのまま病院へと向かった。

 ヌーノ監督は試合後、「彼は今検査を受けているところだが、意識はある。問題の大きさの中では大丈夫な方だ」と、ヒメネスのコンディションを説明した。

 それでも詳細はまだ分かっておらず、「我々全員が彼が無事であることを願っている。もちろん心配だよ。ドクターたちの目を見てパニックになっているようだった。そうすると、周りは彼はどうなんだって心配するものだね」とコメント。「どちらの選手、アーセナルの選手も彼の心配をしている。誰にとっても悪い瞬間で、みんなが彼の無事を祈っている」と語った。

 ピッチで倒れたあとは全く反応がなかったヒメネス。意識は戻っているとのことで、最悪の状況は回避したようだ。

【フットボール批評がついにアーセナルを大特集! 日本一硬派なサッカー専門誌がすべてのグーナーに贈るバイブルの詳細は↓↓↓をクリック!】

20200826_kanzen_kanzen

『フットボール批評issue29』


定価:本体1500円+税

≪書籍概要≫
なぜ、あえて今アーセナルなのか。
あるアーセナル狂の英国人が「今すぐにでも隣からモウリーニョを呼んで守備を整理しろ」と大真面目に叫ぶほど、クラブは低迷期を迎えているにもかかわらず、である。
そのヒントはそれこそ、今に凝縮されている。
感染症を抑えながら経済を回す。世界は今、そんな無理難題に挑んでいる。
同じくアーセナル、特にアルセーヌ・ベンゲル時代のアーセナルは、一部から「うぶすぎる」と揶揄されながら、内容と結果を執拗に追い求めてきた。
そういった意味ではベンゲルが作り上げたアーセナルと今の世界は大いにリンクする。
ベンゲルが落とし込んだ理想にしどろもどろする今のアーセナルは、大袈裟に言えば社会の鏡のような気がしてならない。
だからこそ今、皮肉でもなんでもなく、ベンゲルの亡霊に苛まれてみるのも悪くない。
そして、アーセナルの未来を託されたミケル・アルテタは、ベンゲルの亡霊より遥かに大きなアーセナル信仰に対峙しなければならない。
ジョゼップ・グアルディオラの薫陶を受けたアーセナルに所縁のあるバスク人は、それこそ世界的信仰を直視するのか、それとも無視するのか。

“新アーセナル様式”の今後を追う。

詳細はこちらから

【了】

新着記事

↑top