カリム・ベンゼマ
【写真:Getty Images】

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループB第6節、レアル・マドリード対ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)が現地時間9日に行われた。ホームのマドリーが2-0の勝利を収めた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 マドリーは前半9分、ルーカス・バスケスの右サイドからのクロスに頭で合わせたベンゼマのゴールで先制点を奪う。さらに前半32分にも右サイドのロドリゴからのクロスにベンゼマが合わせ、再びヘディングで追加点。この2ゴールでマドリーが勝利を収め、グループ首位で決勝トーナメント進出を果たした。

 マドリーの公式サイトによると、この試合に先発したベンゼマがレアルでの公式戦出場数を527に伸ばし、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏の記録に並び同クラブでの外国人選手の公式戦出場数でトップタイになったという。

 マドリーは12日にラ・リーガ第13節でアトレティコ・マドリードと対戦する予定。ベンゼマはこの試合でR・カルロス氏の記録を抜くことになるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top