フッキのウルブス移籍は不可能? 英国EU離脱による“新ルール”が障害に

2020年12月15日(Tue)20時13分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

フッキ
【写真:Getty Images】

 プレミアリーグのウォルバーハンプトンに加入する可能性も噂されていた元ブラジル代表FWフッキだが、英国のEU離脱に伴う“新ルール”が障害となるかもしれない。英『ジ・アスレティック』が14日に伝えた。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 中国スーパーリーグ(CSL)の上海上港に所属していたフッキは、チームがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)敗退でシーズンを終えたあと正式に退団を表明。フリーでの他クラブ移籍が可能となり、欧州有力クラブも含めた様々な移籍先候補が噂されている。

 ウォルバーハンプトンも新天地候補と予想されていたクラブのひとつ。接触プレーで頭蓋骨骨折の重傷を負い、現時点では復帰が未定な状況となっているメキシコ代表FWラウール・ヒメネスの穴埋めとして補強が見込まれるためだ。

 しかし、フッキはイングランドでプレーするための労働許可取得が認められない見通しだと指摘されている。英国のEU離脱の移行期間が終了し、年明け後の1月1日から適用される新ルールによるものだ。

 新ルールでは過去の経歴や移籍元クラブ、代表歴などに基づいたポイント制により労働許可取得の可否を判定。ポイントの低い中国からの移籍であることに加え、欧州5大リーグでのプレー歴もなく、ブラジル代表でも2016年以来プレーしていないフッキがイングランドでプレーすることはできないと見込まれている。

【フットボール批評がプレミアリーグを大特集。BIG6一辺倒はもう古い。エバートン、アストン・ヴィラ、レスター…。謀略者たちの頭脳を知るには↓↓↓をクリック】


30号_表紙_fix

『フットボール批評issue30』


定価:本体1500円+税
プレミアリーグ謀略者たちの兵法

≪書籍概要≫
監督は謀略者でなければならない。それが世界最高峰の舞台であるプレミアリーグであればなおのことだ。さらに中堅以下のクラブを指揮している場合は、人を欺く行為こそ生存競争を勝ち抜くために必要な技量となる。もちろん、ピッチ上における欺瞞は褒められるべき行為で、それこそ一端の兵法と言い換えることができる。
BIG6という強大な巨人に対して、持たざる者たちは日々、牙を研いでいる。ある監督は「戦略」的思考に則った「戦術」的行動を取り、ある監督はゾーン主流の時代にあえてマンツーマンを取り入れ、ある監督は相手によってカメレオンのように体色を変え、ある監督はRB哲学を実装し、一泡吹かすことだけに英知を注ぐ。「プレミアの魔境化」を促進する異能たちの頭脳に分け入るとしよう。



詳細はこちらから


【了】

新着記事

↑top