新型コロナ感染拡大のスコットランド、2部リーグ中断の可能性も?

2021年01月16日(Sat)10時05分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

スコットランド2部
【写真:Getty Images】

 スコットランド2部リーグが、一時的な中断について検討に入ったようだ。英『BBC』が現地時間15日に報じた。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 スコットランドでは現在、新型コロナウイルスの感染が急拡大し、全土でロックダウン(都市封鎖)に入った。3部以下のリーグと女子リーグはすでに最低3週間の中断となっている。

 スコットランド2部では15日にレイス・ローバーズ対インバネスの一戦が行われる予定だったが、試合に向けた検査で新型コロナウイルス陽性者が確認されて延期となった。

 これを受けて、同国サッカー連盟のイアン・マックスウェルCEOが2部リーグで戦う全10クラブに対してメッセージを送り、リーグをこのまま継続すべきかどうかを尋ねたという。

 各クラブには18日までの回答を要求。その返答しだいでは、リーグを一時中断することになるかもしれない。

 冬にドバイキャンプを行ったあと、新型コロナウイルス感染者が続出しているセルティックの一件が物議をかもしているスコットランド。まだ混乱は続きそうだ。

【フットボール批評がプレミアリーグを大特集。BIG6一辺倒はもう古い。エバートン、アストン・ヴィラ、レスター…。謀略者たちの頭脳を知るには↓↓↓をクリック】


30号_表紙_fix

『フットボール批評issue30』


定価:本体1500円+税
プレミアリーグ謀略者たちの兵法

≪書籍概要≫
監督は謀略者でなければならない。それが世界最高峰の舞台であるプレミアリーグであればなおのことだ。さらに中堅以下のクラブを指揮している場合は、人を欺く行為こそ生存競争を勝ち抜くために必要な技量となる。もちろん、ピッチ上における欺瞞は褒められるべき行為で、それこそ一端の兵法と言い換えることができる。
BIG6という強大な巨人に対して、持たざる者たちは日々、牙を研いでいる。ある監督は「戦略」的思考に則った「戦術」的行動を取り、ある監督はゾーン主流の時代にあえてマンツーマンを取り入れ、ある監督は相手によってカメレオンのように体色を変え、ある監督はRB哲学を実装し、一泡吹かすことだけに英知を注ぐ。「プレミアの魔境化」を促進する異能たちの頭脳に分け入るとしよう。



詳細はこちらから


【了】

新着記事

↑top