完全移籍なのに古巣との対戦に出場認めず? プレミアクラブに規約違反の疑い

2021年01月20日(Wed)21時54分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

ロバート・スノッドグラス
【写真:Getty Images】

 先日ウェスト・ハムからウェスト・ブロムウィッチへ完全移籍した元スコットランド代表FWロバート・スノッドグラスが古巣相手の試合を欠場したことは不当な合意に基づいたものである可能性があるとして、プレミアリーグが調査を開始するようだ。英『BBC』が伝えている。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 33歳のスノットグラスは今月8日にウェスト・ブロムウィッチへの完全移籍が決定。16日に行われたウルヴァーハンプトン戦でデビューを飾ったが、続いて19日に行われたウェスト・ハム戦にはベンチ入りもしなかった。

 ウェスト・ブロムウィッチのサム・アラダイス監督は試合後に、スノッドグラスの欠場はウェスト・ハムとの合意によるものだとコメント。「この試合で彼がプレーすることを認めないというクラブ間の合意があった」と語ったが、これが物議を醸している。

 選手が他クラブへレンタル移籍する場合には、レンタル元のクラブと対戦する試合に出場できないという合意が交わされることも多い。だがスノッドグラスはウェスト・ブロムウィッチに完全移籍した選手であるため事情が異なる。

 プレミアリーグの規約では、リーグ戦において他のチームのパフォーマンスに影響を及ぼすような契約を交わしてはならないと定められている。スノッドグラスの不出場がクラブ間で合意されていたのであれば規約に違反した可能性があるとして、調査が行われることが見込まれている。

【フットボール批評がプレミアリーグを大特集。BIG6一辺倒はもう古い。エバートン、アストン・ヴィラ、レスター…。謀略者たちの頭脳を知るには↓↓↓をクリック】


30号_表紙_fix

『フットボール批評issue30』


定価:本体1500円+税
プレミアリーグ謀略者たちの兵法

≪書籍概要≫
監督は謀略者でなければならない。それが世界最高峰の舞台であるプレミアリーグであればなおのことだ。さらに中堅以下のクラブを指揮している場合は、人を欺く行為こそ生存競争を勝ち抜くために必要な技量となる。もちろん、ピッチ上における欺瞞は褒められるべき行為で、それこそ一端の兵法と言い換えることができる。
BIG6という強大な巨人に対して、持たざる者たちは日々、牙を研いでいる。ある監督は「戦略」的思考に則った「戦術」的行動を取り、ある監督はゾーン主流の時代にあえてマンツーマンを取り入れ、ある監督は相手によってカメレオンのように体色を変え、ある監督はRB哲学を実装し、一泡吹かすことだけに英知を注ぐ。「プレミアの魔境化」を促進する異能たちの頭脳に分け入るとしよう。



詳細はこちらから


【了】

新着記事

↑top