ブラジルでまたも飛行機墜落事故。4部クラブの選手4人と会長、操縦士が死去

2021年01月25日(Mon)11時39分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ブラジル
【写真:Getty Images】

 ブラジル4部のクラブであるパルマスFRの選手らを乗せた小型機が墜落し、選手4人と会長、操縦士の計6人が死去した。ブラジル『グローボ』など複数メディアが伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 墜落事故は現地時間24日にブラジル中部トカンティンス州パルマスの空港で発生。25日にゴイアニアで開催予定だったカップ戦のアウェイゲームに向かおうとしていた飛行機が離陸直後に墜落した。

 小型機に搭乗していたのは6人。操縦士のほか、パルマスのルーカス・メイラ会長、23歳のMFマルクス・モリナーリ、27歳のGKラヌーリ、28歳のMFギリェルミ・ノエ、23歳のDFルーカス・プラシェデスの全員が死亡したとのことだ。

 クラブの発表によれば、4人の選手たちは新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことでチームの他のメンバーと別行動を取っていた。24日に隔離期間が終了したため、25日の試合に向けて別の飛行機で移動するところだった。

 2016年にはブラジル1部のシャペコエンセのメンバーを乗せた飛行機がコロンビア国内で墜落し、選手19人を含む71人が死去する惨事となった。そのシャペコエンセも今回の事故に際し「残念ながら我々もこの痛みを知っている。今後他に同じ思いをするグループがないことを願いたい」と追悼の声明を出している。

【了】

新着記事

↑top