セルヒオ・ラモス
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードとスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの契約延長交渉が難航している。スペイン『アス』が現地時間27日に報じた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 マドリーとは今季限りで契約が満了となるラモス。同選手はクラブへ2年の契約延長を提示している。しかし、マドリーは30歳以上の選手とは単年契約を結ぶことをクラブポリシーとしているため、2年契約に難色を示している。

 また、マドリー側は現在の年俸1200万ユーロ(約15億円)から1080万ユーロ(約14億円)の減給とし、1年契約を結ぶことを提示しているという。

 ラモスにはアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミやパリ・サンジェルマン(PSG)などが興味を示していると伝えられていて、ラモスがマドリー側の条件を飲まなければ、移籍する可能性もある。

 果たして、ラモスの去就はいかに…。

【了】

新着記事

↑top