プレミアリーグ最終節は有観客試合? ステップ3移行なら最大1万人のサポーターがスタジアム入場可能に

2021年02月23日(Tue)12時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

プレミアリーグ
【写真:Getty Images】

 プレミアリーグの最終節は有観客試合になるかもしれない。22日に英メディア『スカイスポーツ』が報じている。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルスの変異株が流行した英国では、プレミアリーグで無観客試合が続いている。だが、同メディアによると、英国のボリス・ジョンソン首相が制限を緩和するプランでステップ3に移行した場合、5月17日以降に最大1万人、もしくは満員の4分の1のいずれか低い方の観客をスタジアムに入れて試合することを許可する宣言を行ったという。

 そのため、ステップ3に移れば現地時間5月23日に行われるプレミアリーグ最終節は有観客試合になる。なお、5月17日の2日前となる現地時間5月15日のFA杯決勝が有観客試合としてテストイベントに使用される可能性もあるようだ。

【フットボール批評がプレミアリーグを大特集。BIG6一辺倒はもう古い。エバートン、アストン・ヴィラ、レスター…。謀略者たちの頭脳を知るには↓↓↓をクリック】


30号_表紙_fix

『フットボール批評issue30』


定価:本体1500円+税
プレミアリーグ謀略者たちの兵法

≪書籍概要≫
監督は謀略者でなければならない。それが世界最高峰の舞台であるプレミアリーグであればなおのことだ。さらに中堅以下のクラブを指揮している場合は、人を欺く行為こそ生存競争を勝ち抜くために必要な技量となる。もちろん、ピッチ上における欺瞞は褒められるべき行為で、それこそ一端の兵法と言い換えることができる。
BIG6という強大な巨人に対して、持たざる者たちは日々、牙を研いでいる。ある監督は「戦略」的思考に則った「戦術」的行動を取り、ある監督はゾーン主流の時代にあえてマンツーマンを取り入れ、ある監督は相手によってカメレオンのように体色を変え、ある監督はRB哲学を実装し、一泡吹かすことだけに英知を注ぐ。「プレミアの魔境化」を促進する異能たちの頭脳に分け入るとしよう。



詳細はこちらから


【了】

新着記事

↑top