ガレス・ベイル
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードからトッテナムにレンタルされているウェールズ代表FWガレス・ベイルは、レンタルの終了する来季はマドリーに復帰する意向であることを改めて明言した。英『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えている。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 マドリーでジネディーヌ・ジダン監督の構想外とされていたベイルは、昨年9月に古巣トッテナムへレンタル移籍。トッテナムでも当初は低調な時期が続いていたが、2月頃からは先発出場が増えゴールを記録するなど調子を上げてきている。

 レンタルを終えてマドリーに復帰すれば、再び出場が厳しい状況となるかもしれない。だがベイルは23日に行われたウェールズ代表の会見で、「(マドリーに)戻ることが僕のプランだ」と復帰への見通しを示した。

「今年スパーズに来た一番の理由は、とにかくサッカーをプレーすることだった。EURO(2020)に向けて試合勘を整えたかった。スパーズで1シーズンを過ごすというのが当初のプランだった。EURO後にはレアル・マドリードでまだ1年(契約が)残っている」とベイルは語っている。

 ウェールズ代表は24日に行われる2022年ワールドカップ欧州予選の初戦でベルギー代表と対戦。1958年大会がこれまで唯一のワールドカップ出場であるウェールズは64年ぶりの本大会出場を目指す。

【了】

新着記事

↑top