レアルで負傷続きのアザール、市場価値が“大暴落”…全盛時の約4分の1に

2021年03月25日(Thu)0時08分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

エデン・アザール
【写真:Getty Images】

 レアル・マドリードで負傷離脱を繰り返し、厳しい状況が続いているベルギー代表MFエデン・アザール。その市場価値は全盛時の約4分の1にまで急落したと評価されている。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 チェルシーで中心選手として活躍し、世界トップレベルの選手の一人と評価される存在となったアザールは、2019年夏に長年の夢であったマドリーへの移籍を実現。だがその後の2シーズンは、アザールにとってむしろ悪夢のような時期となってしまっている。

 1年目の昨季は公式戦22試合の出場にとどまり、得点はラ・リーガでのわずか1点のみ。今季も負傷からの復帰を果たすたびに短期間で離脱を繰り返し、リーグ戦9試合、公式戦合計14試合にしか出場できていない。

 大手データサイト『transfermarkt』の評価額を基にスペイン紙『アス』が伝えたところによれば、アザールの現在の市場価値は4000万ユーロ(約51億5000万円)と評価されている。チェルシー時代に最も高かった1億5000万ユーロ(約193億円)と比較すれば約4分の1という金額だ。

 4000万ユーロという評価額はチェルシー加入半年後の2013年1月と同額。その後の数年間で大きく評価を上げ、チェルシーでの最後の1年間は1億5000万ユーロにまで達したが、マドリー移籍からの2年弱で“大暴落”となってしまった。

 現在も負傷のため離脱しており、夏に開催されるEURO2020への出場も危ぶまれる状況のアザール。ここからマドリーで復活を果たすことはできるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top