チェルシー、最悪の補強は…歴代ガッカリ高額移籍5人。総額181億円、大金を無駄にした男たち

豊富な資金力を武器にプレミアリーグ屈指のビッグクラブとなったチェルシーは、これまで数々の著名な選手を獲得してきた。額面通りの活躍を見せた選手もいれば、期待を裏切った選手も少なくない。ここでは、チェルシーが高額な移籍金を支払って獲得したものの、それに見合う活躍ができなかった選手を紹介する。※移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照

2021年04月07日(Wed)7時00分配信

シリーズ:歴代ガッカリ高額移籍5人
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ユーロで無双も…試合出場すらわずか

0407Zhirkov_getty
【写真:Getty Images】

DF:ユーリ・ジルコフ
生年月日:1983年8月20日(37歳)
移籍金:2100万ユーロ(約25億円)
在籍期間:09年夏~11年夏
リーグ戦成績:29試合0得点7アシスト


【今シーズンのチェルシーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ロシアの大富豪ロマン・アルカディエビチ・アブラモビッチがオーナーを務めるチェルシーは、頻繁にロシアリーグから選手を獲得している。ユーリ・ジルコフもその1人で、2009年夏に2100万ユーロ(約25億円)という移籍金で、CSKAモスクワから獲得している。前年のUERO(欧州選手権)2008では左サイドバックとして活躍し、ロシア代表をベスト4に導く活躍を見せていた。

 しかし、チェルシーでのプレーは2年間で終わった。加入当時はアシュリー・コールが28歳で、世界を代表する左サイドバックの1人として活躍していた。ジルコフのチャンスは限られ、カルロ・アンチェロッティ監督の信頼を掴むには至らなかった。

 11年夏にジルコフはアンジ・マハチカラに1500万ユーロ(約18億円)で売却された。その2年後にはディナモ・モスクワに移籍し、14年のブラジルワールドカップにはロシア代表として出場している。16年から37歳となった今に至るまでゼニトでプレーを続け、ロシアでは息の長い選手として活躍している。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top