20/21サッカー選手能力値ランキング38位。FWラウタロ・マルティネス(インテル)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

2021年04月09日(Fri)6時20分配信

シリーズ:20/21能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

38位:174cmでも空中戦に強い。アルゼンチンが生んだ万能FW

ラウタロ・マルティネス 20/21サッカー選手能力値ランキング
【写真:Getty Images】

FW:ラウタロ・マルティネス(インテル)
生年月日:1997年8月22日(23歳)
19/20リーグ戦成績:35試合14得点5アシスト
市場価値:7000万ユーロ(約84億円)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ラウタロ・マルティネスはインテルでロメル・ルカクとのコンビでゴールを量産している。ディエゴ・ミリートやクラウディオ・ロペスを輩出したラシン・クラブで台頭し、2018年夏にインテルに加入。19年のコパ・アメリカ(南米選手権)では2得点を挙げ、昨シーズンは14得点をマークしている。

 ポストプレーをこなす強さ、裏に抜ける巧みな動き、ゴール前での冷静さを23歳にして兼ね備えている。推進力のある「ドリブル」や足下の技術もアルゼンチン人らしいものがある。ディフェンスも献身的で、「守備力」もFWとしては決して低くない。

 ストライカーとして大きな穴はなく、ゴールを決める形も多い。ミドルレンジからのシュートも得意で、174cmという身長ながら「空中戦」にも強い。リオネル・メッシやセルヒオ・アグエロがキャリアの終盤に差し掛かる中、アルゼンチン代表の未来を担うストライカーになるだろう。

【了】

新着記事

↑top