20/21サッカー選手能力値ランキング47位。FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

2021年04月13日(Tue)6時10分配信

シリーズ:20/21能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

マンCに欠かせないスピードスター

ラヒーム・スターリング 20/21サッカー選手能力値ランキング
【写真:Getty Images】

FW:ラヒーム・スターリング
生年月日:1994年12月8日
19/20リーグ戦成績:33試合20得点4アシスト
市場価値:1億1000万ユーロ(約132億円)


【今シーズンのシティの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 マンチェスター・シティでは不動の左ウィンガーとなっているラヒーム・スターリングが47位に入った。2015年にリバプールからシティへとやってきたスターリングはすぐに主力に定着した。

 2018/19シーズンは圧巻だった。公式戦51試合に出場25得点を記録。シティの国内3冠獲得に貢献し、FWA年間最優秀選手とPFA年間最優秀若手選手を受賞した。

 昨季はリーグ戦20得点という記録を残したスーリング。その最大の特徴はやはりスピードだろう。素早く細かいドリブルは狭いスペースでも難なく相手を抜いていく。また決定力もあるため、ゴール前でボールを持たせると危険だ。

 空中戦でやや劣るスターリングだが、FWであるものの守備力は50近い。守備もしっかりできるFW。だがスピード、ドリブル、テクニックは圧倒的。フィジカル面が強くなり空中戦の勝敗も上がれば、順位アップも狙えそうだ。

【了】

新着記事

↑top