20/21サッカー選手能力値ランキング52位。FWマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

2021年04月14日(Wed)6時20分配信

シリーズ:20/21能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

「子どもたちの人生を変えた」マンUの背番号10

マーカス・ラッシュフォード 20/21サッカー選手能力値ランキング
【写真:Getty Images】

FW:マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1997年10月31日(23歳)
19/20リーグ戦成績:31試合17得点9アシスト
市場価値:8000万ユーロ(約96億円)


【今シーズンの海外サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 マーカス・ラッシュフォードはマンチェスター・ユナイテッドの背番号10を背負う。7歳からユナイテッド一筋でプレーし、18歳のときにトップチームに上がった。背番号10を与えられた18/19シーズンから3年連続で2ケタ得点を達成している。

 ユナイテッドが武器とするカウンターでは、切れ味鋭い「ドリブル」と「スピード」を活かして相手の脅威となる。足下の技術も高く、ミドルレンジからのシュートも強烈だ。左サイドからゴールへ向かっていくプレーが得意だが、チーム事情に応じてセンターフォワードや右サイドにも対応できる。独善的にならず、周囲との連係を活かせる状況判断の良さも、ラッシュフォードの特徴と言える。

 パンデミック下で英国内の子どもに給食が与えられるよう行動を起こしたことが評価され、22歳という若さで大英帝国勲章を受章した。オーレ・グンナー・スールシャール監督は「多くの子どもたちの人生を変えた。これは、フットボールの試合よりも大事なことだ」と称賛。国をも動かすイングランド代表FWは、ユナイテッドの10番に相応しい存在と言えるだろう。

【了】

新着記事

↑top