リバプール主将が暗躍? 欧州スーパーリーグ阻止へ、ヘンダーソンが発信したメッセージとは…

2021年04月21日(Wed)10時06分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ジョーダン・ヘンダーソン
【写真:Getty Images】

 現地時間18日に創設が発表された欧州スーパーリーグ(ESL)は、早くも計画が暗礁に乗り上げている。当初、参加を表明していたイングランド勢6クラブは相次いでESLからの離脱を発表した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 リバプールで主将を務めるジョーダン・ヘンダーソンは、緊急ミーティングを開催するためにプレミアリーグのキャプテンを招集。ESLへの対応を協議すると報じられた。

 ヘンダーソンは日本時間21日5時ごろ、自身のTwitterやInstagramを更新。投稿された画像には「我々はそれを好まないし、それが起こることを望んでいない。これが我々の集団的な立場だ。このフットボールクラブとサポーターに対するコミットメントは、絶対的で無条件だ。You’ll Never Walk Alone(君はひとりぼっちじゃない)」と記されている。

 ヘンダーソンの投稿に続き、同僚のモハメド・サラー、トレント・アレクサンダー=アーノルド、フィルジル・ファン・ダイクらも続々と同じ画像を投稿している。それからほどなくして、リバプールはESLへの参加を中止することを発表している。

 ヘンダーソンのメッセージにどれだけの影響力があったかは分からないが、結果としてESLへの参加は食い止めることができた。リバプールの歴史に名を刻むスキッパー(主将)は、ピッチ外でもリーダーシップを発揮している。

【了】

新着記事

↑top