GK為す術なしの衝撃な一発! イングランドの地で24歳FW覚醒、ニアをぶち抜くゴールがすごい!

2021年04月27日(Tue)10時56分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

レスター
【写真:Getty Images】

【レスター 2-1 クリスタル・パレス プレミアリーグ第33節】

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 プレミアリーグ第33節、レスター対クリスタル・パレスが現地時間26日に行われ、2-1でホームチームが勝利。決勝点は、思わず拍手を送りたくなるような強烈な一撃だった。

 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏に留まるためにも勝ち点3を積み上げたかったレスターだが、この日はリーグ直近5試合でわずか1勝と不調に喘ぐクリスタル・パレスに苦戦。開始12分でエベレチ・エゼのスルーパスに抜け出したウィルフリード・ザハにゴールを決められ、1点ビハインドを背負う。その後レスターはなかなか点を奪えず、0-1のまま後半へ向かうことになった。

 ホームチームは50分、同点に追いつくことに成功。ペナルティーエリア内でケレチ・イヘアナチョの落としを受けたティモシー・カスターニュが豪快に左足を振り抜いた。しかし、その後のレスターは相手を押し込むもののゴールが遠く、スコアをひっくり返せずにいた。

 そんなチームを救ったのが今季好調のFWイヘアナチョだった。80分、ジョニー・エバンスのロングフィードに抜け出したナイジェリア代表FWはボックス内で相手DF一人を背負いながらキープ。そしてゴールの方へ向くと、正面に立ってきたもう一人のDFを抜き切る前に左足を一振り。これがニアサイドにズドンと突き刺さった。GKビセンテ・グアイタはまったく反応できなかった。

 決勝点をマークしたイヘアナチョはデータサイト『Who Scored』内でMOMに選出されている。1得点1アシストという分かりやすい結果、さらに両チーム合わせて最多となるキーパス4本を繰り出すなど、申し分ない輝きだった。

 現在24歳のイヘアナチョは今季前半戦こそ不発だったものの、年明け以降ハイペースで得点を量産しており、このクリスタル・パレス戦による1点でついにプレミアリーグ二桁得点に到達。もちろんこれは、キャリアハイの数字となっている。いよいよ覚醒の時を迎えたのかもしれない。

【動画】衝撃的なゴールも誕生! レスター対クリスタル・パレス ハイライト

参照元:YouTube

【了】

新着記事

↑top