レアル・マドリード最強のストライカーは誰だ? 21世紀得点ランキング6位~10位。グティにモリエンテス、怪物ロナウドは何位?

2021年04月29日(Thu)8時00分配信

シリーズ:21世紀得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

長い歴史を持つレアル・マドリードというクラブは、これまで多くの傑出したストライカーを輩出してきた。そこで、今回は21世紀に在籍した選手を対象とした得点ランキングを紹介する。※00/01シーズン以降に在籍した選手が対象、20/21シーズンは成績に含めず、データは『transfermarkt』を参照

グティ、ロナウド、モリエンテス
【写真:Getty Images】

 フェルナンド・イエロがDFながらも4位に入っていたが、8位には現在のレアル・マドリードのCBを担うセルヒオ・ラモスが入っている。セットプレーでも圧倒的な強さを見せ、昨季まで101得点を記録してきた。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今回トップ10入りしている他の現役選手ではトッテナムにレンタルされているガレス・ベイルが6位に入った。レンタルされる直前はその低調なパフォーマンスを指摘されていたが、マドリーで251試合に出場105得点を記録している。その決定力は抜群だ。

 2002年の日韓ワールドカップ得点王に輝き日本でも馴染みが深い”怪物”ロナウドが7位に入っている。マドリー在籍約5年間で104得点も記録した。運動量が少ないと批判されがちなロナウドだが、ゴール前でのパフォーマンスは圧巻だった。

10位:グティ(元スペイン代表)
在籍期間:96年夏~10年夏
クラブ通算成績:542試合77得点
代表通算成績:14試合3得点

9位:フェルナンド・モリエンテス(元スペイン代表)
在籍期間:97年夏~05年冬
クラブ通算成績:272試合100得点
代表通算成績:47試合27得点

8位:セルヒオ・ラモス(スペイン代表)
在籍期間:05年夏~
クラブ通算成績:670試合101得点
代表通算成績:180試合23得点

7位:ロナウド(元ブラジル代表)
在籍期間:02夏~07夏
クラブ通算成績:177試合104得点
代表通算成績:98試合62得点

6位:ガレス・ベイル(ウェールズ代表)
在籍期間:13年夏~
クラブ通算成績:251試合105得点
代表通算成績:90試合33得点

【了】

新着記事

↑top