マンU”背番号7の呪い”はこの男には通用しない!カバーニ、2戦連続2ゴール…計7ゴールに絡む活躍でEL決勝進出に貢献【EL】

2021年05月07日(Fri)10時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

エディンソン・カバーニ
【写真:Getty Images】

【ローマ 3-2 マンチェスター・ユナイテッド EL準決勝2ndレグ】

 マンチェスター・ユナイテッドに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニには”背番号7”の呪いは通用しないようだ。

【今シーズンのユナイテッドの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 クリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードに移籍して以降、マイケル・オーウェンやアントニオ・バレンシア、アンヘル・ディ・マリアやアレクシス・サンチェスなどユナイテッドで背番号7を背負ってきた男たちは苦しんだ。いつしか背番号7は「呪われている」と言われるようになった。

 だが、現在ユナイテッドで背番号7を背負うカバーニは、そのジンクスを払拭しつつある。カバーニは先月29日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグ、ホームのローマ戦で2ゴール2アシストの大活躍。6-2の大勝に貢献した。

 そして6日に行われた2ndレグでもスタメン入りしたカバーニがまたも圧巻のパフォーマンスを見せた。試合は2-3で敗れたものの、2戦合計5-8でユナイテッドが決勝に進出。カバーニは2ゴールの活躍で決勝進出に貢献した。

 先制点を奪ったのはユナイテッドだった。39分、フレッジのスルーパスに抜け出したカバーニが冷静にゴールを決め、ユナイテッドが先制に成功。その後、逆転を許したユナイテッドだったが、68分にまたもカバーニがゴールを決める。

 ペナルティエリア手前の左でブルーノ・フェルナンデスがクロスを供給。すると、オフサイドラインギリギリでカバーニが飛び出す。どフリーとなったカバーニは、お手本のようにヘディングシュートを叩きつけゴールを奪った。絶妙なタイミングでの抜け出しからヘディングというカバーニの持ち味が出たプレーだった。

 同点としたユナイテッドはアレックス・テレスのオウンゴールで勝ち越しを許し2-3の敗戦も、2戦合計8-5で決勝に進出した。この試合で2ゴールを決めたカバーニは、1stレグのPK奪取も含めると2試合で実に7ゴールに絡んでいる。準々決勝2ndレグのグラナダ戦を含めると、ELでは3試合連続ゴールとなっている。

 今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)では4試合ノーゴールに終わったカバーニだが、リーグ戦ではここまで22試合8ゴール、ELでは4試合5ゴール。重要な局面や試合でゴールを決めている印象も強い。この男に”背番号7の呪い”というジンクスは通用しないようだ。

【了】

新着記事

↑top