GK弾はアリソンだけじゃない! 欧州最高峰の舞台で劇的ダイビングヘッドゴールを決めたのは…【欧州CL】

2021年05月20日(Thu)23時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

シナン・ボラト
【写真:Getty Images】

 UEFAの公式SNSが、2009年のチャンピオンズリーグで生まれた珍しいGKのゴールを紹介した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 プレミアリーグでは先日、リバプールのGKアリソンがヘディングでゴールを決めたことが話題となっている。2009年のチャンピオンズリーグでも、終了間際に守護神がゴールネットを揺らして大きな注目を集めた。

 このゴールを決めたのは、当時スタンダール・リエージュに所属していたシナン・ボラトだ。グループステージ最終節でAZと対戦したスタンダールは、0-1で終盤戦の突入。負ければグループステージ最下位という状況で後半アディショナルタイムのセットプレーでGKをゴール前に上げている。

 劣勢のチームが終盤のセットプレーでGKを挙げるのは珍しいことではないが、実際にゴールを決めることはなかなかない。それでもボラトは、相手のマークにあいながらもダイビングヘッドで合わせて同点弾を記録。歓喜のあまり、味方が追いつけない速度で猛ダッシュし、自陣まで走った。

1 2

新着記事

↑top