マルティン・ウーデゴール
【写真:Getty Images】

 アーセナルのミケル・アルテタ監督は、レアル・マドリードからのレンタルで在籍していたノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールを来季再び獲得したいという希望を明確にした。英紙『デイリー・メール』などが伝えている。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 マドリーで出場機会を得られていなかったウーデゴールは1月にレンタルでアーセナルに加入。公式戦20試合に出場して2得点2アシストを記録してシーズンを終え、そのパフォーマンスは高く評価されている。

 現地時間23日に行われたプレミアリーグ最終節のブライトン戦を終えたあと、アルテタ監督はウーデゴールを引き留めたいという希望を明言。「我々がどうしたいかという意見は非常に明確で力強いものだ」と語った。

「今後数週間のうちに話し合いを行う。彼がレアル・マドリードの選手だということは尊重する必要があるが、これから連絡を取り合っていく。彼は我々の戦い方や我々のサッカーに本当にうまく順応してくれた。ここが彼の場所だという希望と感情を与えることができたと願いたい」と同監督は続けている。

 今季プレミアリーグを8位で終えたアーセナルは来季の欧州大会への出場を逃しており、そのことがウーデゴールを再獲得する上で不利に働くという懸念もある。果たしてアルテタ監督の希望は叶うのだろうか。

【了】

新着記事

↑top